市民640人が体験し学ぶ 市教委の生涯学習フェスティバル

 市教委主催のまなびふれあいフェスタinわっかない生涯学習フェスティバルが17日、文化センターで開催され市民640人がサークル体験などに参加していた。
 フラウエンコール、稚内太極拳協会など10団体のステージ発表があり、親子連れは水彩画・デッサン=写真=絵手紙、筝を体験し、ロビーで行われた抹茶コーナーではお茶の淹れ方を教わり、学ぶことの大切さを体感していた。
 市(地方創生課)が主催し、午後から文化センターで開かれた地方創生推進事業講演会には市民43人が参加した。
 ケータリング美利香の小栗美恵さんが「おふくろの味を活かしてビジネスに」と題した講話があり、起業の方法や成功の秘訣などについて話をした。

コメントを残す