厳寒の空に幻日 13日今冬一番の寒さの沼川で

 今冬一番の冷え込みを記録した沼川などの上空で13日朝、太陽のような光が見える「幻日」現象が現れた。
 幻日は太陽光が空気中の水や氷の粒に屈折して生じる自然現象で、放射冷却現象により沼川で氷点下23・3度を記録したことから現れた。
 13日朝、市街地から沼川方面へ向かっていた市内の会社員が東の空上空で太陽の左側に光が現れたところを撮影したもので「僅かな時間でしたが、右側にも光が現れ、綺麗な光景でした」と話していた。

コメントを残す