日本観光ポスターコンクールで稚内市が一次通過

 稚内市が制作した観光ポスターが、今年度の第67回日本観光ポスターコンクールの一時審査を通過した。最終審査に向け一般参加のオンライン投票が3月11日まであり、市(観光交流課)は「稚内への応援よろしくお願いします」と協力を呼びかけている。
 稚内市の観光ポスターは昨年リニューアルされ、1日の始まりである朝日を日本のてっぺん宗谷岬から、次の日への回想をイメージする夕日の景勝地として人気のノシャップ岬のシーンにし表現している。
 昭和22年から開催され国内では最大のポスターコンクールには今回、全国の自治体などから156作品の応募があり、52作品が一次審査を通過し、オンライン投票、専門家による最終審査を経て3月20日に各賞が決まる。
 オンライン投票は主催する日本観光振興協会(東京)のサイトから参加できる。

コメントを残す