獅子舞など楽しむ 日中友好新春交流会

 稚内日中友好協会主催の日中友好・新春交流会が9日夜、大黒ビルで開かれ、中国とベトナム人実習生らが春節を祝った。
 稚内東部、かねよし、北王水産、中央水産、大東食品からベトナム人12人、中国人39人の実習生と会員ら81人が出席した。
 中陳会長の「水産加工業は実習生の皆さんが居ないと成り立ちません。今夜は大いに飲んで食べて楽しい時間を過ごしてほしい」との挨拶に続き、鈴木市議会副議長の乾杯の音頭で祝宴に入った。
 祝宴の途中、中澤和一理事が異国の地で頑張る実習生を喜ばせたいと獅子舞を持って参加し、稚内東部の実習生が獅子舞の中に入り来賓らの頭を噛んでは厄払いをすると共に日中友好を願った。

コメントを残す