「新しい風を」と 市長選対抗馬の古我氏後援会事務所開き

 今春の市長選への出馬を表明した古我友一氏(49)の後援会事務所開きが11日、大黒3の旧リサイクルセンターで行われ、古我氏は「稚内市民と一緒に将来を考え頑張っていきたい」と述べた。
 神事を終えたあと、支援者50人を前に澤田美由紀後援会長は「稚内市に数々の課題がある中、後援会と市民の連携を強化し、将来を考えていけるよう後援活動を進めたい」と挨拶した。
 古我氏は「稚内に来てから1年8カ月が経ち、しがらみのない自身が市長選に出ることで新しい風を吹かせたい」などと話し、医療、少子高齢化、教育に関する課題に対し「市民の意見を聞き、より良いものとして活かしていきたい。若輩者ではありますが最初の一歩として市民と一緒になり考え力を合わせ頑張りたい」と支援を訴えていた。

コメントを残す