天候恵まれ大盛況 氷雪の広場 あすも午前10時開幕

 わっかない氷雪の広場は9日、北防波堤ドーム公園で開幕。氷点下10度の厳しい寒さだったが晴れて穏やかな天候となり、会場は多くの親子連れで賑わった。
 2日間開催される氷雪の広場は、9日午前10時から始まり、オープニングセレモニーで大会長の工藤市長が「子供たちの笑顔と歓声が溢れることを願って完成した会場で大いに楽しんで下さい」などと挨拶したあと、モチ撒きが行われ、沢山のモチと友好都市の沖縄県石垣市から届けられたカマボコを、子供たちは両手いっぱいに集めていた。
 市内の幼稚園児、エンジェルボイスなど5団体による歌や踊りが発表された、てっぺんヒットパレード、キャラクターショー、抱きつき氷柱の催しに加え雪の巨大迷路、チュービングで冬の祭典を満喫していた。
 10日は午前10時からオープニングのモチ撒き、くるくるスノーフラッグ大会、子供宝さがし大会、かまくらで遊ぼうなど催される。

コメントを残す