天北堆

 ネパール様々だ。稚内北星大学に春、13人もの留学生が入学し全部で42人になる。全学生数の4割を占めるというのだから驚きだ◆地元含め日本人の入学が少ない代わりに留学生が増えるのは歓迎すべきことで学業は勿論、アルバイトで生計を立て、その頑張りぶりは他の日本人学生への模範ともなろう◆小欄の常套句ともなったピンチからチャンスへ。捨てる神あれば拾う神あり。何事も諦めてはいけないということだ◆ただこれも偶然の産物でなく丸山元学長、現在のゴータム教授の志によるのをお忘れなく。

コメントを残す