稚内署で寒けい古 署長が「国民のため」と檄飛ばす

 稚内署で28日から柔・剣道の寒けい古が始まり、署員たちが12日間の特訓に入った。
 柔・剣道、逮捕術の技術と体力向上のため行われているもので、28日午前中は初日の寒けい古に参加した署員17人を前に、藤井署長が「自分の身、国民を守るため期間中は精進し体力、技術の向上に努めてほしい」と激励した。
 このあと、署員は柔道など基礎練習に汗を流した。
 けい古は2月8日まで。最終日の納会では試合が行われる。

コメントを残す