消費税増税控え研修も 稚税署管内間税会連合会通常総会

 稚内税務署管内間税会連合会(田辺登代二会長)は27日、ANAクラウンプラザホテル稚内で第22回通常総会を開き、本年度事業、収支決算報告を承認し来年度事業計画を策定した。
 稚内支部の第23回通常総会に続き開かれた総会に出席した32人を前に、田辺会長は「来年10月から消費税率が10%に引き上げられ、軽減税率制度が導入される。間税会としては正しい税の知識を伝えて頂きたい」などと挨拶。続いて大橋稚内税務署長が来賓挨拶した。
 来年度事業計画としては、税務行政に協力することを理念とし、消費税に関する事項、組織の強化、会員の増強の3項目を重点に活動することとした。
 このあと大橋稚税署長から軽減税率制度、札幌国税局の堀隆治郎消費税課長=写真=が「税のよもやま話」と題し、古くは大宝律令が制定された飛鳥時代から税の歴史から現在までの税制の変化について講話した。

コメントを残す