Pocket

 市議会議会運営委員会の藤谷委員長と横澤副委員長は28日、稚高を訪れ、先に高校生との意見交換会で出された意見への回答を元紺谷校長に報告した。
 稚高で3年生を対象に開かれた議員との意見交換会で生徒から「通学路の改善」「学習環境の向上」「医療の充実」「地元で働けるよう雇用環境の充実」「スポーツ施設の拡大」などを求める声が挙がった。
 これらの意見に市議会としての考えをまとめて作成した冊子を受け取った元紺谷校長は「意見交換を通じて生徒の議員さんに対するイメージは身近なものになったようです。有権者となった18歳として、意味のある取り組みでした」などと話していた。
 藤谷委員長は「高校生からの意見は多岐に亘って、色んなことを考えていることに気付かされました。この取り組みを足がかりに今後、町内会単位などの意見交換もやってみたい」と話していた。