Pocket

 稚内漁協の第4回コンブ入札会が過日行われ、昨年より540駄多い2540駄・個上場された。稚内成昆布の1等検は高値を維持し1駄(15㌔)10万円を超え、声問は前回より5・8%上がり9万円台となった。
 昨年は第1回の入札が中止となり、昨年同時期の3回目(11月16日)と比べると稚内の1等は1万円以上高く声問は8000円ほど安くなった。
 今年最後の入札会を終えた木村専務理事は「今年は高値を付けたものの、コンブの状態が余り良くなかった。来年はもう少し質の良いものが採取できたら」と話していた。
 1駄当り平均価格。
 〈稚内成昆布〉▽1等 10万4385円▽2等 7万6335円▽3等① 5万6250円▽3等② 5万475円▽4等 4万8495円▽加工用1等 3万2234円▽同2等 2万9280円。
 〈声問成昆布〉▽1等 9万円▽2等 7万3500円▽3等①5万5815円▽3等② 5万385円▽4等 4万4535円▽加工用1等 3万2252円▽同2等 2万9280円。