天北堆

 今年の「さつま白波」(芋焼酎)新酒まつりが本家の枕崎だけでなく稚内でも催される。わっかない白波会設立準備会などが主催し友好都市の枕崎市の焼酎文化を稚内に広めようというもので、この新酒は新酒まつり前日の商工会議所の会員の夕べでも提供され堆子もたんまり味わった◆全国津々浦々で数百億円もの売り上げがある薩摩酒造にあって稚内での愛飲人口は高々なのだが地域としては唯一、前年実績を上回っている(本坊社長)のだそうだ◆左党の方々は飲み過ぎて腰を抜かさないよう注意してほしいね。

コメントを残す

前の記事

水族館にアンコウ仲間入り