猿払村で死亡事故 稚内の男性が運転するダンプが路外逸脱

 14日午前7時半過ぎ浜猿払の国道238号で大型ダンプが反対車線にはみ出し路外逸脱する単独事故が発生。運転していた栄1、会社員田中憲二さん(53)が猿払村国民健康保険病院に搬送されたが同日午前11時10分に死亡が確認された。事故原因について調査中。
 今年に入り稚内署管内では、8月19日に声問地区で女性が横断中に轢かれた死亡事故以来3人目の犠牲者となり管内では6人目。
 11日から展開中の冬の交通安全運動期間中に起きた死亡事故に関係者はショックを受けている。

コメントを残す