きょう初雪を観測 最遅記録を4日更新

 14日午前8時半頃、稚内市街地(開運)で観測史上記録として最遅の初雪を観測した。最遅だった平成2年11月10日より4日、平年に比べ23日、昨年より26日も遅い初雪。
 稚内地方気象台によると、稚内上空は13日夜、氷点下6・1度という寒気が入り14日午前8時半頃、職員が気象台のある稚内地方合同庁舎屋上から2~3分ほど雪が降っているのを観測した。
 15、16日ともに平年より気温は高めになるものの、その後は平年並みに戻り雨や雪が降る日が多くなる。

コメントを残す

前の記事

天北堆