中澤さん作成の新しいビンゴ好評 景勝地など稚内観光紹介

 稚内市民観光ボランティアガイド会員の中澤和一さん(71)=緑2=が考案した稚内観光ビンゴが、団体の懇親会や観光について学ぶ講座などの集まりで使用され評判を呼んでいる。
 ボランティアの会長を務めていた時にガイド活動で何か面白いことができないか―と考えた稚内観光ビンゴは25マスの中に稚内の景勝地の名称、動植物の名などを書き入れ、パソコンの専用ソフトを使用し遊び方は通常のビンゴと同じ仕組みとなっている。
 リニューアルし面白さが増したというビンゴは、市民ボランティア会員が講師を務めた技術専門学院分校の観光コースでも教材として使用された。
 何年か前には市内の忘年会の余興として使用されたこともあるというビンゴについて中澤さんは「遊びながら観光の事を学べるものになっています。忘年会などの集まりで稚内の事を学べ、その場が面白くなります」と話していた。

コメントを残す