天北堆

 赤平市の植松電機社長が稚内を訪れ講演するのは今回で3回目になるのか。夢を諦めるな、自分を信じろ、失敗から学べなどと鼓舞する言葉に飽きは来ず、聴衆者の胸を打つ◆「諦めるな」という言葉は堆子も社員ら若い人を励ます時に良く使う。才能など無くても泥臭くやっていると何時の日か実を結ぶこともあろう。しかし天は等分に運を与えないという意地悪な所があるので自らの手で掴みに行かなくてはならない◆初志貫徹。諦めず腐らず一つ々々頑固にやっていると望まずとも相手の方からやって来る。

コメントを残す