会場は興奮の坩堝と化す チャリティープロレスin稚内

 プロレスラーと遊ぼう実行委員会主催のチャリティープロレスin稚内~チビッコ集まれ!プロレスラーと遊ぼうのイベントが10日、東地区活動拠点センターで開かれ、子供たちが試合観戦などして楽しんだ。
 参加した親子200人を前に、梅村俊範実行委員長が挨拶し、稚内南部柔道スポーツ少年団と来場した子供たちが北都プロレス(札幌)のレスラーと綱引きなどして交流。子供たちが力いっぱい綱を引きレスラーに勝利すると喜んでいた。
 プロの白熱した試合では、投げ技やコーナーからの必殺技が炸裂すると会場は興奮の坩堝と化していた。
 実行委では、今回のチャリティーで北海道盲導犬協会、地域食堂ふらっと、稚内市幼児教育研究協議会に、それぞれ5万円を寄付した。

コメントを残す