地震影響し3003人減少 稚内空港9月実績 千歳便22%落ち込む

 市(観光交流課)は9月の稚内空港旅客実績を集計。胆振東部地震などの影響により旅客が前年より3000人も減少した。
 胆振東部地震や台風の影響で9月は東京便1便、千歳便8便、FDAチャーター便1便欠航し4便が運航中止となった。
 東京便は上下便合わせ1万7776人と前年同月に比べ3・3%の610人減少。千歳便は21・8%の1407人減り5049人。特に千歳便に地震の影響が大きかった。団体ツアーのキャンセルに加え、個人も旅行などでの利用を控えたことによって大幅に減少してしまった。
 チャーター便は往復10便運航し624人と前年から986人減少した結果、全体では2万3449人と前年から3003人落ち込んだ。
 ▽東京行き① 5864人(昨年同月5489)▽同② 3302人(同3598)▽千歳行き 1226人(同1665)▽同②1300人(同1715)▽関西行き 46人▽小牧行き 31人▽福島行き 68人▽松本行き 62人▽大分行き 82人▽広島行き 82人
 ▽東京発① 5649人(同5856)▽同② 2961人(同3443)▽千歳発①1190人(同1622)▽同② 1333人(同1454)▽関西発 34人▽大分発 82人▽岡山発 58人▽広島発 79人。

コメントを残す