コーラ社稚内販売課社員がシェルターで清掃奉仕の汗流す  

 北海道コカ・コーラボトリング㈱稚内販売課(星誠課長)は8日国道40号開源と国道238号猿払にあるパーキングシェルター周辺を清掃する奉仕活動を行った。
 同社では稚内開建、豊富町、猿払村と稚内開建が管理する管内2カ所のパーキングシェルターに設置している災害時対応自動販売機の電光掲示板を通じ、非常時の道路情報など発信する締結をした平成27年から年1回、シェルター内の清掃活動を行っている。
 開源での清掃活動には星課長ら社員に加え稚内開建の職員12人が参加し、走行中にシェルター周辺の草むらに捨てられた空き缶やペットボトル、吸い殻などのゴミを回収した。
 今後、冬期間になると吹雪などで視界が悪くなり運転が危険になることから、星課長は「有事の際は無理せず有効にシェルターを活用してほしい」などと安全運転を呼びかけていた。
 午後から猿払でも行った。

コメントを残す