北宗谷観光推進協が野鳥フェスでウォッチングツアーをPR 

 国内最大規模の鳥をテーマにしたイベント「ジャパンバードフェスティバル」が先週末、千葉県我孫子市で開かれ、参加した北宗谷広域観光推進協議会が、今秋から宗谷エリアで始めたバードウオッチングツアーをPRした。
 鳥の専門機関や野鳥観察を観光メニューに取り入れている自治体など50団体が2日間に亘ってブースを設けた中、北宗谷協議会では来年2月末まで稚内、浜頓別などで実施する野鳥観察ツアーで見れるオオワシ、オジロワシなどを全国の野鳥愛好者に紹介した。
 冬にオオワシの群れが集まる浜頓別のオオワシの森、川を遡上するサケを求めてワシが終結する増幌川沿いの木々などをPRするブースには長蛇の列ができ人気を博した。
 事務局として参加した稚内観光協会の佐藤愛さんは「来月には宗谷に野鳥を見に行きたいという声を聞き、宗谷の野鳥の魅力をPRできました」と話していた。

コメントを残す