市民パレードなどで交流 ひばり町内会の石垣市訪問団

 稚内市と友好都市関係にある沖縄県石垣市で開かれた石垣島まつりの市民パレードに、ひばり町内会(吉井繁会長)が参加し石垣市民と交流を深めた。
 昨年の稚内市と石垣市友好都市締結30周年を機に町内会同士での交流をと、7月に石垣市・平得地区住民が稚内を訪れており、今度は吉井会長を団長とするひばり町内会訪問団25人が、2日~4日まで石垣市を訪問した。
 石垣島まつり最終日の4日、46団体総勢2000人が参加した市民パレードで、ひばり町内会人たちは平得地区の人たちと一緒に通りを練り歩いた。その日の夜は、平得地区主催の交流会に出席し、北海盆踊りなどを披露し最後に出席者全員で「宗谷岬」を歌った。
 町内会同士の初めての交流に吉井会長は「地域間交流の元年として、これから互いの交流が活発になれば嬉しい」と今後の発展に期待を寄せていた。

コメントを残す