80人参加し親睦深める ロータリーアクト全道大会

 稚内で初の国際ロータリー第2500・2510地区第17回北海道ロータリーアクト交流会が3、4の両日、サンホテルなどで開かれ、全道各地からの参加者がスポーツや懇親会などで親睦を深めた。
 稚内はじめ札幌、旭川など16支部から18歳~30歳までの青年会員来賓ら80人余りが参加しサンホテルで開かれた開会式で、ホスト地区代表の山本紘輝稚内ロータリーアクト直前会長兼幹事(26)=写真=が「両地区が互いに協力しながら少しでも自分たちの近くで北海道を活性化に導いていきたい。アクトという繋がりで出会った仲間たちを大切にしたい」などと挨拶した。
 開会式後、稚内北星大学でスポーツ交流が開かれ、ミニバレーをし交流を深めた。

コメントを残す