漂着木造船を沓形港へ曳船

 利尻町沓形栄浜に漂着した国籍不明の木造船=写真=は2日午前中、漁船などによって沓形港に曳航された。
 稚内海保によると、長さ10㍍、幅2㍍の木造船は赤字で船名と思われる数字が書かれているものの、1日はシケで調査を行うことが出来ず国籍など未だ不明。乗船者は居ないようだという。
 熊谷次長は「国籍は分からないものの、道内各地で漂着している船に特徴が似ている」と話していた。
 利尻町役場は今後引き揚げなど検討しており、海保では船内調査を検討中。

コメントを残す