Pocket

 東日本大震災発生した後の3年前から政府主催し実施している津波防災訓練が道内で唯一、声問地区で住民300人が参加し行われた◆東北一帯を襲った大津波の町全体をのみ込んだ光景はテレビで見ていても恐ろしいものだった。増してや実際に惨状を目の前で見た住人にとって生き地獄の光景だったであろう◆今回の声問での避難訓練で海側の方から避難してきた女性が「とても逃げ切れるとは思えない」と話していたそうだが、そんな事はない。「てんでんこ」先ずは安全な所めざし一目散に逃げなければ。