時の話題 「遵法精神の欠如」

 日本各業界の物づくりが曾つてない危機ともいえる非常事態に直面している。日産やSUBARU、三菱など自動車産業、神戸製鋼所、三菱マテリアルなど数えると枚挙に暇がないほどだが、新たに地震の建物への衝撃を緩和する免振・制振バンパーの数値が改ざんされ、官庁や公共施設に設置されている事が判明した。
 北海道内でも道庁本庁舎、札幌ドームでの設置が疑われている。
 製造業ばかりでなく食品業界も産地偽装や賞味期限切れの食品の転売による消費者への販売など底無し沼のように次から次へと問題が表に出ている。
 そうまでして儲けたいのか。このような悪行をしている会社や人間はその場から撤退してほしいと国民誰しも思っているだろう。
 会社の経営が赤字続きで二進も三進も行かないなら悪い事せず会社を畳んでしまえばいい話で、経営者の「行くも退くも地獄」という話を聞くが、そんなことはない。事業をしていて利益が出ず借金ばかり増えるのなら早急に廃業するべきだ。
 「従業員がおり家族の生活がある」などともっても至極な話をする経営者がいるが、従業員や家族のことを思うのなら遅かれやって来るXデー(倒産の日)で大混乱するなら幾らかでもソフトランディングするよう努めるのが経営者であろう。
 しかし、そう行かないのが人間の業であり最後の足掻きで人の道を外れたことをする人もいる。
 何とか偽装、改ざんとかいう事件を知ると情けなくなる。自分にも回りにも嘘なく処するのが人の道だろう。
遵法精神欠如甚しい。

コメントを残す

次の記事

天北堆