ふるさと納税秋祭参加し稚内市が東京での稚内観光PR 

 ふるさと納税ポータルサイトを運営する「さとふる」(東京)が主催したふるさと納税・秋祭2018in二子玉川ライズが先週末東京で開かれ、催しに参加した稚内市が街の魅力をPRした。
 ふるさと納税を推進する全国31自治体が参加した中、稚内市のブースではふるさと納税のチラシ、今年リニューアルした観光パンフレットはじめ、稚内ブランドや移住定住に関するパンフレットの配布、納税返礼品として登録されている稚内珪藻土のバスマット、積み木などを紹介しPRした。
 イベントに参加した担当者によると、祭り全体で1万人以上が来場し稚内ブースにも多くの観光客や都民が訪れていたという。

コメントを残す