時の話題 「気楽に観戦」

 プロ野球クライマックスシリーズ(CS)1回戦のソフトバンク戦に1勝2敗と敗退し今年の日ハムは終わった。大谷に加え陽、増井、大野が抜け下馬評は4位以下のBクラス評価だったが、中田、レアード、近藤、西川らの奮起と上沢らの投手陣の台頭によってAクラスを確保したのはチーム、選手はもとより道民ファンにとってなによりの吉報であった。
 ソフトバンクとは力の差があり致し方なかったとの評価はあるものの、栗山野球の限界をある意味、証明したシリーズだった。来年も指揮取るような報道あったが、来年は監督として集大成の年になるとの気構えでチーム力向上に努めてほしいものだ。
 CSファイナルはペナント制した西武と広島にソフトと巨人が挑む。今晩から対戦が始まるが西武と広島の優位は動かずも下剋上めざしソフト、巨人には勝利への執念で日本シリーズへ勝ち上がってくれればいい。
 いずれにしてもこれからは手に汗を握ることなく楽な気分で観戦できるので冷静に監督采配や選手個々の精神状態など読み取れるだろうから、野球ファンとしてではなく評論家気取りで観戦することになるのかな。
 このように自分や贔屓には冷静な客観視ができなくなり、この事に関しては大人も子供も変わりはしない。熱くなると自分を失い普通できる事も失敗するケースが多くなる。
 野球などスポーツは失敗を少なくすることが勝利に結びつくが、失敗が薬になり大成することもある。要諦は諦めるなということなのかな。

コメントを残す