今度は雑誌記者など来市 台湾、香港、タイのメディア7人


 台湾、香港、タイからのメディア関係者が15、16の両日、旧瀬戸邸など稚内の観光スポットを取材した。
 国のきた北海道広域観光周遊ルート事業として、来季に向け3~4日間で札幌から稚内などを巡る滞在プラン作りで、1週間前に視察に訪れた台湾などの旅行会社同様、台湾、香港、タイの旅行雑誌記者など7人が来市し、15日は宗谷丘陵や旧瀬戸邸、ノシャップ岬などを訪れ、16日は稚内駅、北防波堤ドームなどを回った。
 15日夕方、旧瀬戸邸を訪れた一行は、邸内を1時間ほど見学し着物の試着や茶道サークル「ゆりの会」によるお茶を体験。日本の作法などに触れた記者は「タイでは日本旅行といえば北海道が人気で雄大な景色と日本文化に触れるお茶などツアープランに入れると人気が出ると思う」と興味ありげに体験していた。

コメントを残す