稚内から参加し遠別で親子が稲刈体験 


 そうべい、オロロン農協遠別支所、ホクレン留萌支所主催の稲刈りツアーが13日、遠別の農家で行われ、稚内市内から参加した親子がモチ米の収穫を体験した。
 米の普及活動にと6年前から行われているもので、遠別の農家の協力を得て春先の田植えと秋の収穫を親子が体験している。今年は5月の田植えに続く稲刈り体験には小学1~3年生の親子46人が参加した。
 親子は立派に育った「風の子もち」の稲を手作業で刈り取り、コンバイン(収穫機)の作業風景や稲の脱穀作業など、米が出来上がるまでの過程を見学した。

コメントを残す