宗谷管内秋サケ定置網数量、金額とも減少 9月末で17億4800万円

 宗谷海調委は、9月下旬(21~30日)の秋サケ定置網漁獲状況をまとめた。
 オホーツク海西部30万3287匹(昨年同期対比43%減)6億1234万円(同67%減)、日本海北部5万6489匹(同31・6%減)9082万円(同62・4%減)の35万9776匹(同41・5%減)7億316万円(同66・5%減)。
 9月末の累計はオ海80万6902匹(同15・8%減)15億3058万円(同52・5%減)日本海14万3187匹(同29%増)2億1742万円(31・1%減)の95万89匹(同11・2%減)17億4800万円(同50・6%減)。
 1匹当たりの単価はオ海で1467円安い2019円、日本海も1320円安い1608円。
 漁協ごとの数量。
 〈日本海〉▽稚内5万6489匹(昨年対比31・6%減)累計14万3187匹(29%増)▽宗谷56匹(同全増)累計352匹(同全増)。
 〈オ海〉▽宗谷6万5313匹(同35・5%減)累計14万2512匹(同15・6%減)▽猿払7万4161匹(同25・1%減)累計16万9414匹(同5・8%減)▽頓別3万7734匹(同46%減)累計11万7325匹(同7・1%減)▽枝幸12万6079匹(同51・9%減)累計37万7651匹(同22%減)。

コメントを残す