日仏さらなる友好の誓い ラペルーズメモリアル記念式

 宗谷海峡を発見したフランスの探検家ラペルーズ伯爵の功績を称えたメモリアル記念式が6日午後、ラペルーズ記念碑がある宗谷岬平和公園で開かれ、フランスと日本の更なる友好親善を誓った。
 記念碑が建立され10年余りが経ったことを記念し開かれた式典は出席した関係者50人余りを前に、稚内海峡太鼓保存会がオープニング演奏し、実行委員会の横田会長が挨拶、工藤市長は記念碑が建立された経緯など振り返り「この式を機に両国の絆をさらに深めていきたい」と述べ、ラペルーズ伯爵の子孫で、ラペルーズ協会のペステル会長が「伯爵の功績を稚内市と共に後世に伝えていきたい」と挨拶した。

コメントを残す