地震影響し前年下回る 今季FDA1万9927人

 市(観光交流課)は9月6日の最終便で運航を終えた今季のFDAチャーター運航実績をまとめた。
 今年6年目を迎え5月25日から運航したチャーター便は、松山や小牧などの空港のほか新規で青森、佐賀、長崎などの8空港を加えた全27空港から339便運航され、1万9927人を送客。前年より25便増えたが利用客は130人減った。
 当初は9月9日の広島行きを最終便としていたが、胆振東部地震があった6日以降の運航が中止されたことから利用客が前年を下回った。

コメントを残す