地震の影響で9月外国人観光客491人と半減

 9月中の外国人観光客来市状況は団体、個人客合わせ491人と前年より5割以上の583人減少した。
 稚内観光協会の集計によると、9月6日に発生した胆振東部地震の影響でホテルのキャンセルが相次ぎ、団体客は台湾11本258人、香港1本31人、アメリカ1本18人の13本307人の596人と前年より500人余り減少した。特に台湾だけで11本400人近く減り、地震の影響が大きかった。
 市内の一部ホテルでは地震の影響で6本200人余りのキャンセルがあったところもあったという。
 個人客に関しては地震直後は影響があったものの、中旬以降は来市する外国人の数も回復し前年より78人多い184人。台湾41人、香港23人、中国27人など。

コメントを残す