温暖化から守る講演会 気象台など主催 昨年中止され再び開催

 稚内地方気象台、札幌管区気象台主催の地球温暖化・防災講演会は、13日午後1時から文化センターで開かれる。
 昨年11月予定されたが悪天候のため中止になった講演会を再び開くことになったもので、講師は昨年も招へいした札幌管区気象台の藤川典久気象防災部長が「地球温暖化で北海道の気象はどうなる?」、北海道大学大学院地球環境科学研究院の藤井賢彦准教授が「地球温暖化・海洋酸性化の状況と対策」と題して講演する。
 「地球温暖化に備えて、私たちができること」をテーマにしたパネルディスカッションも行われる。
 入場無料。問い合わせは稚内地方気象台☎23-2679。
 本社など後援。

コメントを残す

前の記事

天北堆