大沼にハクチョウ飛来 29日午後に先発隊の7羽

 29日午後、大沼にシベリアなどからの冬の使者ハクチョウが飛来した。
 29日午後1時半過ぎ大沼バードハウスから1㌔先の対岸に第1陣のコハクチョウ7羽が確認され、翌30日午前中も同じ場所で9羽が羽を休めていた。昨秋に比べ4日早い飛来。
 1日朝も対岸で7羽が確認された。肉眼では見えず望遠鏡で観察することができ「もう少し数が増えるとバードハウス近くの水辺に飛来してくるでしょう」と遠島さん。

コメントを残す