Pocket

多くの家族連れで賑わっている美食しんぼまつり

 サロベツファーム(板谷日出男社長)の第28回美食しんぼまつりは29日から2日間日程で開催。秋晴れの下、豊富、稚内から多数訪れ、正午までに3000人余りの人出で賑わった。
 旧小学校を工場に、平成元年10月の創業から今年で30周年という節目を迎え、感謝の意味を込め開催しているイベントは午前10時から始まり、野菜や焼き鳥などの飲食コーナーに加え、ステージでは大黒ひょっとこ踊りやカラオケ大会などの催しがあり楽しんでいた。
 人気を集めていたのは、生ラムの丸焼き、手作りのハム、ベーコンソーセージの2割引き販売で、イモや玉ネギ拾いでは親子が袋いっぱいに拾い集めるなどして楽しい一刻を過ごしていた。
 板谷社長は「創業30周年を迎えることが出来たのは皆さんの支えがあってのことでとても感謝しています。この2日間は多くの人に来て頂きたい」などとPRしていた。
 30日も午前10時から生ラムの丸焼き、ステージ発表などの催しがある。午後4時まで。