最高の眼鏡を求め太陽堂で視力測定勉強会

 MORE~快適眼鏡研究会(本部東京)の視力測定勉強会が27日メガネの太陽堂を会場に開かれ、道内などから参加した眼鏡店従業員がサービス向上などのため知識を深めた。
 同団体では、千差万別の顧客ニーズに応えられる眼鏡を作るため技術の底上げなど目的に月1回ほど東京や道内で勉強会を開いており、旭川などの勉強会に参加した経験がある太陽堂の宮原俊治社長の呼びかけもあって稚内で初開催された。
 宮原社長はじめ、旭川、東京などから参加した8人は、太陽堂にある最新の視力測定器を使い理想のレンズに近づけるため意見を共有しながら6時間の勉強会を終えた。
 研究会発起人の伊藤次郎さん(東京)は「より良い検査方法など意見を交わしながら取り入れられる場にしたい」、宮原社長は「新発見が沢山あり今まで以上の測定ができるようにしたい」と話していた。

コメントを残す