Pocket

 ノーベル化学賞を受賞した東京工業大学工学博士の白川英樹氏=写真=を招いた特別実験教室が11月18日午後1時から青少年科学館で開かれる。
 全国科学館連携協議会の特別実験教室展開事業に応募し当選しての開催。
 平成12年、導電性高分子の発見と発展によりノーベル化学賞を受賞した白川博士は、「導電性プラスチックを作ろう!二次電池への応用」と題し、通電するプラスチックを材料に電池を作り、特徴を調べる実験を行う。
 小学生10人、中高生10人の合わせて20人程度を募集。参加無料。科学館☎22-5100に申し込み。締め切りは10月18日。