稚内海保が灯台150周年記念で稚内灯台などのデータ提供 

 海上保安庁は、灯台150周年記念行事として灯台の一般公開など行っているが、稚内海保は記念イベントとして10月1日から管理する稚内灯台など3カ所で電子版灯台カードを作成するためデータを提供する。
 灯台愛好者が増え灯台への注目が集まる中全国にある灯台150基の写真と歴史を紹介する一口メモなどの画像データをスマホで読み込むことができるQRコードを灯台の扉に掲示。保護した画像を持ち帰り、L判サイズの用紙で印刷するとカードが完成する。
 稚内海保管内では、道内一番の高さを誇る稚内灯台、宗谷岬灯台、利尻の沓形灯台が対象になる。
 このほか稚内海保は11月1~4日まで、キタカラで灯台写真パネル展を開く。

コメントを残す