今季のガイド終える 稚内市民観光ボランティア

 春から観光スポットでおもてなし活動をしてきた稚内市民観光ボランティアガイドが先週末で今季のガイド活動を終え「今年も多くの観光客に稚内の魅力を伝えることができました」と活動を振り返った。
 5月のGWから今季の活動をスタートさせ6月から毎週末、ノシャップ岬や稚内公園など観光スポット、フェリーターミナルで利尻、礼文島に渡る観光客向けに観光案内などしてきたが23日を最後に今季のガイド活動を終えた。
 22日のフェリーガイドでは、会員10人余りが東京などからの観光客に利尻、礼文の見所稚内の観光地などを紹介し、会員の金田一京子さんが手話で宗谷岬の歌を披露した。
 6月からフェリーターミナルで700人以上の観光客を案内してきた大場弘一副会長(74)は「この街には北防波堤ドーム、宗谷丘陵などの見所、食にしても他の地域には負けないものが沢山あり、これら魅力を多くの観光客に伝えていきたい」と話していた。

コメントを残す