ど~んとホタテ1㌧ 宗谷漁協ほたて部会が市内の7福祉施設に寄贈

 宗谷漁協ほたて地蒔増殖部会(冨澤利之会長)は25日、市内の福祉施設7カ所に活ホタテを寄贈した。
 地域貢献活動として平成2年から続いているもので、今年は23日に宗谷沖で水揚げし、砂出しした活ホタテ1㌧を贈った。
 25日午前中、社会福祉法人緑ヶ丘学園が運営する特養老人ホーム稚内緑風苑と稚内はまなす学園を訪れた漁協職員はトラックから活ホタテを200㌔ずつ下ろしていた。
 高橋清一常務理事兼総合施設長は「獲れたての活ホタテを平成2年から頂いており、入居のお年寄りも喜んでおります」と感謝していた。
 ホタテは刺身や海鮮丼としてお年寄りに振る舞われた。
 活ホタテは、グループホームひだまり、メゾン木馬館、養護老人ホーム富士見園、特養老人ホーム富士見園、北光園に寄贈された。

コメントを残す