ロシア人女性が着物でまち歩き サハリン航路で来市

 サハリン定期航路で来市した30代のロシア人女性が先週末、稚内和服でおもてなし実行委員会(竹内ひとみ代表)による着物で街歩きツアーに参加し市内を散策した。
 市内の宿泊先に紹介され、着物で街歩きツアーに申し込んだロシア人女性は、竹内さんの案内で北防波堤ドーム、北門神社、稚内公園などを巡った。
 百年記念塔近くからの稚内市街地の眺めを気に入ったという女性は「綺麗な着物を着せてもらい、稚内公園からの眺めは最高で旅行の思い出になりました」と話し、19日朝の稚内発コルサコフ行きの便で帰路に着いた。
 定期航路で来市したロシア人では初の街歩きの参加に竹内さんは「着物など日本文化に興味がある方で街歩きの翌日にはプライベートで夕食をご一緒させて頂き、初めて焼き鳥など日本食を喜んで頂きました。再会を約束させて頂き、この交流が更に大きくなっていくことを期待しています」と話していた。

コメントを残す