東中3年大日向海斗君が国体平泳ぎで8位入賞 

 15~17日まで福井県敦賀市で開かれた福井しあわせ元気団体2018の水泳(競泳)競技に北海道代表で出場した東中3年大日向海斗君が、少年男子Bの平泳ぎ100㍍で8位入賞を果たした。
 大日向君は、自由形50㍍、4×100㍍メドレリレー、平泳ぎ100㍍の3種目に出場。自由形50㍍9位、4×100㍍メドレーリレーは13位と決勝に進めなかったが、平泳ぎ100㍍では19人中8位で予選を突破し決勝に進み8位に入賞。
 大会を振り返って大日向君は「悔しさが残る一方で平泳ぎで入賞できて応援してくれた皆さんに感謝しています。この反省点を修正して次の大会で頑張りたい」などと話していた。
 少年団で指導している池田光彦コーチは「地震の影響で満足いく練習が出来ないまま国体に臨み今持っている力を出し切り良く頑張った」と活躍を称えていた。

コメントを残す