停電の夜満天の星空 三国竜さん天の川撮影し本紙に提供  

 停電があった6日夜市内で満天の星空が広がり、萩見地区のアマチュアカメラマン・三国竜さん(42)が住宅街の上で輝く天の川の撮影に成功した。
 普段なら民家や店、車などの灯りで市街地から見ることができない天の川だが、6日午後8時~9時までの間、萩見地区から見ることができ撮影した。その後、SNSフェイスブックやインスタグラムに画像を投稿したところ、多くの反応があったという。
 街中の明かりが邪魔し、いつもなら市街地から10㌔離れた明かりが少ない勇知やサラキトマナイ地区などに天の川を撮影しに行くという三国さんは「停電で1日、電気が使えない生活をしましたが、逆に街中では絶対に見られない天の川を見られ、満天の星空の写真を撮ることができました」と相好を崩していた。

コメントを残す