B型肝炎訴訟「諦めず参加を」 30日稚内説明会開催

 以前、稚内ひまわり基金法律事務所(大黒3)にいた河田裕行弁護らによるB型肝炎訴訟の稚内での説明会は今月30日午後1時半から保健福祉センター(中央4)で開かれる。
 集団予防接種の際の注射器等のまわし打ちを原因とするB型肝炎ウイルス感染被害は国との合意がなされ感染被害者救済の枠組みが決まったものの、全国で40万人ほどいるとされる救済措置を受けることができる人で訴訟に参加しているのは数%という現状にある。
 稚内に居た時から全国B型肝炎訴訟北海道弁護団の一員として取り組んでいる河田弁護士ら道弁護団の稚内での説明会は今度で6回目になり、和解まで至った稚内市民も少なくない。
 他の法律事務所で訴訟参加を断られた人でも訴訟者の一人に名を連ねることもあるので「諦めずに一度説明会に来てください」と河田弁護士は呼びかけている。
 B型肝炎訴訟北海道弁護団(札幌)の電話番号は011~231~1941、河田さんが所属する啓明法律事務所(札幌)は011~281~1620。

コメントを残す