センバツ出場目指し開幕 秋季高校野球支部予選

 来春のセンバツ大会に繋がる第71回秋季北海道高校野球大会名寄支部予選が14日から大沼球場で開幕。30日~10月7日まで札幌円山、麻生両球場で開催される全道大会出場を目指し熱戦が繰り広げられている。
 3年生が引退し、新チームとして初の公式戦には、9校7チームが出場。大会初日の第1試合は、浜頓別・枝幸・名寄産業の連合チーム対名寄高が対戦し、1回に3点を先取後に3、4回に追加点を入れた名寄高が9~0の7回コールドで快勝した。
 大谷高は14日第3試合で天塩、稚高は15日午前10時半の準決勝第1試合で名寄高と対戦する。

コメントを残す