クレー射撃の佐藤堅司さん北海道代表として10回目の国体出場

10回目の国体出場が決まった佐藤さん

 29日~10月9日まで福井県で開催される福井しあわせ元気国体2018のクレー射撃競技(スキート部門)に萩見4、自営業佐藤堅司さん(53)が北海道代表監督兼選手として出場する。
 稚内射撃協会副会長を務める射撃歴26年の佐藤さんは、これまで9回国体に出場し、昨年の団体8位入賞を含め個人・団体合わせ過去5回入賞する実力の持ち主。
 昨年から日本射撃協会の強化委員に任命され、2年後の東京五輪を目指す若手選手を指導するため月の半数以上は関東に行くなど仕事との両面で多忙を極め、自身の練習も満足にいかない状況の中、4月から行われた道予選に臨んだ結果、2位の成績で10回目の国体出場権を手にしたのと同時に6年連続で道代表チームの監督にも決まった。
 10回目の出場に向けて佐藤さんは「指導者の立場でもあるので、この国体が選手として最後になると思う気持ちで試合に挑みたい。個人での入賞は勿論ですが、平成26年の長崎国体の5位入賞を上回る結果を目指したい」と話していた。
 クレー射撃競技は、13~17日まで勝山市で行われる。

コメントを残す