国交省から藤建設とササキが稚内初1級優良事業者に認定

 国土交通省の船員労働災害防止優良事業者として旭川運輸支局管内から藤建設とササキが認定(一般型1級)された。稚内からの認定は初めて。
 船員の労働災害は昭和43年の第1次船員災害防止計画の取り組み以降、発生件数は大幅に減少しているものの、陸上での労働災害と比較し依然として高いことを踏まえ、労働災害発生防止に優れた成果を上げている船舶所有者を認定している。
 2社は過去5年間、労働災害がなく工事を施工してきたとして一級優良事業者と認定された。
 認定証の伝達式は11日午前10時から藤建設、午後2時からササキ社屋で行われた。

コメントを残す