節電への協力要請 振興局、市、北電が街頭啓発

買い物客に節電を呼びかける朝倉振興局長

 宗谷総合振興局と稚内市、北電稚内ネットワークセンターは9日午後、市内のスーパー2カ所で節電を呼びかける街頭啓発を行った。
 6日未明に発生した胆振東部地震により道内全ての地域で停電し現在はほぼ全域で復旧したものの、10日以降企業の生産活動などが本格的に再開されると、電力需要が増え電力不足に陥り計画停電の可能性があることから、道では計画停電を回避するために少しでも道民に節電を呼びかけることにした。
 新光町のスーパーでは朝倉局長、青山副市長ら職員10人が買い物客に節電チェックポイントなどが記載されたリーフレット配布し節電への協力を求めた。
 振興局と市では、執務室の照明を間引きするなどの節電対策を行っている。

コメントを残す