出来立てカレーライス提供 BJSが炊き出し活動

 ブラックジャックシステム稚内営業所(古我友一所長)は6日午後、停電に伴う炊き出し活動を行い、市民や観光客にカレーライスを振る舞った。
 7年前に東京で東日本大震災を体験した古我所長が、その時に独居老人や生活弱者などの人達が買い物出来ない状況を目にした経験から、自社で保管している備蓄品を市民に提供しようと炊き出し活動を実施することを決めた。
 活動には、社員や市民ボランティアも手伝い、200食分のカレーライスを用意し、FMわっぴーやSNSで情報を知った市民が出来たてカレーに舌鼓を打っていた。
 訪れた市民の中にはオール電化のため電気が使えずご飯支度が出来なくて困っていた人もおり、同社の活動に感謝していた。
 同社では、7日正午からオニギリと豚汁セット200食程用意し提供した。

コメントを残す